【高校数学】 解と係数の関係

解と係数の関係の基礎

二次方程式の場合

二次方程式 ax2+bx+c=0 の解を α, β とおくと,

α+β = −b/a, αβ = ca

が成立する.


三次方程式の場合

三次方程式 ax3+bx2+cx+d=0 の解を α, β, γとおくと

α+β+γ=−b/a , αβ+βγ+γα=c/a , αβγ=−d/a

が成立する.


二次方程式 応用問題

α100+β100 の値


解と係数の関係 & 漸化式


三次方程式 応用問題

東京理科大


慶應大学


東北大(医)


コメントする

CAPTCHA