iPad 勉強に便利なアプリ

『iPadで勉強!!』と、いざ考えてみるとアプリの種類が豊富で、

どれが勉強に便利かなかなか分からないですよね。

そこで、大学受験から今に至るまでiPadを使って勉強している筆者が、

iPadを使って勉強するのに便利なアプリを紹介します。

ノートアプリ

授業の板書を取る方法は幾つかあります。

1つの方法として、iPadにノートアプリを入れ、メモを取る方法です。

iPadで使える便利なノートアプリを紹介します。

GoodNotes 5

GoodNotes 5 は世界中で使われているノートアプリの一つです。

GoodNotes 5は、ノートを取る上で必要な機能が全て揃っています。

ノート機能以外に特徴的なのは、筆圧を調節機能プレゼンテーション・モードなどが備わっていることです。

他にも、手書きの文字を認識する機能があります。

そのため、メモの場所を見失っても、検索して直ぐに見つけることができます。これ、紙のノートで頻繁に苦労するやつですよね…

気になるお値段は、980円と良質なノートアプリの中でも1位、2位を争う安さです。

Noteshelf 

Noteshelf も世界中でよく使われているノートアプリの一つです。

価格は他のノートアプリよりもちょっと高価ですが、それに見合った機能がたくさん搭載されています

中でも、特徴的な機能がノートを取りながら録音できることです。

授業後にノートと音声で復習できます。

他にも、iCloudやGoogle Drive 等のクラウドサービスに簡単に保存できます。

気になるお値段は、1220円とGoodNotes 5よりも、少々お高いですが、豊富なマルチタスク機能のことを考えれば、決して高い値段ではありません。

Microsoft OneNote

Microsoft OneNoteはMicrosoft社が提供しているノートアプリです。

無料でダウンロードできます。

iPad版のOneNoteの特徴は、他のノートアプリに比べて、タイピング機能や画像編集能力に秀でていることです。

ただ、個人的な意見ですが、他のノートアプリに比べて、手書き感が少し足りない感じがします。

無料でダウンロードできるので、試しにダウンロードしてみて、ノートアプリの感覚を得るのにいいかもしれません。

スキャナー・アプリ

紙媒体はかさ張ると物凄く重い

授業のプリントや、模試の問題冊子、これらを毎日手で持ち歩くのは大変です。

写真に撮って保存しても、正直、影などで見づらいですよね?

そういう時は、写真をスキャンし保存することをお勧めします

CamScanner

CamScanner は写真をスキャンする仕事効率化アプリとしては、歴史があるアプリの一つです。

CamScannerは綺麗にスキャンニングや、簡単なファイル管理もできます。

また、別の端末で作成したファイルでも、アカウントが同じであれば同期できるので、iPadでスキャンし、スマホで教科書を見ることも可能です。

自分も受験生の時は、古文や漢文の教科書をこれでスキャンし、移動中の乗り物の中で読み込んでいました。

Microsoft Office Lens

Microsoft Office Lens はその名前通り、Microsoft社が提供しているスキャンニングアプリです。

特徴としては、読み込んだ画像を編集可能なWordファイル、PowerPointファイルに変換できることです。

Office をよく使う人にはお勧めです。

Evernote Scannable 


Evernote Scannableは、綺麗なスキャンニング機能はもちろんのこと、撮影した画像を自動的に回転、切り取りが行われるので、大幅な時間の節約が可能です。

他にも、広告がない、手順がシンプルなのが特徴です。

ただ、シャッター音があるので授業中はちょっと使いづらいですね。

Office / iWorks

勉強する上で、授業ノートだけが勉強ではありません。

まとめ資料の作成も大切です。

ただ、まとめ資料を作るのはノートアプリだけだと少し不便です。

Office や iWorks を使うことをお勧めします。

Office

大学、会社でOfficeを使う人は、iPadでもOfficeを使うことをお勧めします。

特にWordは、膨大な量のまとめノートを作成するのに便利です。

ただ、月々の利用料金が掛かるので、本当にiPadでもofficeを使うか考えた方がいいです。

iWorks

iPad 購入時の初期設定で入っているアプリです。

個人レベルのドキュメント作成(まとめノートなど)や少人数のグループ内ドキュメント作成ならば、これで物たります。

わざわざ、Officeにお金をかけるのはもったいない!と思う方にお勧めです。

まとめ

> Office

> iWorks

クラウド機能

教科書や嵩張るプリントをiPadに入れることで、持ち運びの負荷は解消されました。

しかし、上手に工夫をしないと、iPadの容量がすぐに満杯になってしまいます。

その問題を解決するのがクラウド機能です。

クラウド機能を上手に使うことで、iPadへの負荷を軽減できます。

特にコレ!といったお勧めのクラウドサービスはありませんが、ノートパソコンや携帯などもApple製品を使っている人は、『ファイル』というiCloudと連携したアプリを使うと便利です。

『ファイル』の特徴としては、デバイス上、クラウド上、外部ドライブ上、ファイルサーバー上など、保存されている場所にかかわらず、ファイルにアクセルして整理できることです。

まとめ

> iCloud

> OneDrive

> Google Drive

> DropBox

Grammarly

英文法を訂正してくれる画期的なアプリです。

日本人が間違えやすい前置詞や変な言い回しの部分を適切に修正してくれます。

有料版は英文添削機能以上のものがありますが、無料版でも十分な機能を発揮します。

まとめ

いかがでしたか?

他にも、勉強に便利なアプリを発見したら逐一更新していきます。

 

コメントする

CAPTCHA