【初心者向け】ホームページ収益化の仕組み

こんにちは、ホームページ担当の長男です。

以前の投稿『2020年ホームページ運営報告』で、当ホームページの『収益』に触れましたが、ホームページが収益化する仕組みを皆さんは知っていますか?

恥ずかしながら、2020年3月時点の自分は、そんなこと一切知りませんでした。

ただ、ホームページを管理している内に段々と『収益化』について分かってきたので、今回はそれをまとめようと思います。

受験が終わったらウェブサイト/ホームページを始める方、ホームページの収益化の仕組みに興味がある方は、是非最後まで読んで頂けたら幸いです。

それでは早速見ていきましょう。

広告と商品販売

ホームページ収益化の方法は、主に2つあります。

1つは、ホームページに広告を掲載する方法です。そしてもう1つは、ホームページ上で自身の商品を販売する方法です。

一概に『広告』と言っても、『クリック報酬型広告』や『アフィリエイト型広告』など様々あるので、それぞれの特徴を説明していきます。

クリック報酬型広告

クリック報酬型広告は、配信された広告がホームページ閲覧者にクリックされることで、ホームページ管理者に報酬が支払われる広告のことです。

この具体例の筆頭に挙げられるのが、Google AdSenseです。

Google AdSenseはクリック報酬型の広告の代表格で、閲覧者のニーズにあった広告をGoogleが自動的にホームページ内に配信してくれます。

配信された広告を閲覧者がクリックすることで、ホームページ管理者に収益が発生します

他にも、ASPアフィリエイト・サービス・プログラム ※詳しくは後述)が提供するクリック報酬型広告もあります。

ただ、ASPが提供するクリック報酬型広告の多くは、ホームページ管理人が決めた1つの広告しか表示できません。

その為、Google AdSenceのように閲覧者のニーズにあった広告を提供できるとは限りません。

クリック報酬型広告メリット

  • クリックされるだけで報酬が入る

クリック報酬型広告デメリット

  • 1クリックあたりの報酬単価は安い(理由は後述)

アフィリエイト型広告

『アフィリエイト型広告』は、別名『成果報酬型広告』とも言います。

この類の広告は、広告がクリックされただけでは報酬は発生しません

広告を閲覧者がクリックし、尚且つそのリンク先で閲覧者が広告主の商品を購入することで、初めてホームページ管理者に報酬が発生します。

アフィリエイト型広告を始める方法としては以下のものがあります。

  • Amazonや楽天市場の商品紹介 難易度:低
  • ASPで提携 難易度:中
  • メーカーと直接契約 難易度:

Amazon や 楽天市場の商品紹介

Amazonや楽天市場で販売されている商品を紹介し、閲覧者に購入して貰うことでホームページを収益化することができます(*2020年3月時点の自分はこれすら知りませんでした。)。

これは、Amazonの場合なら『Amazon アソシエイト』、楽天市場の場合なら『楽天アフィリエイト』に登録することで利用できます。

例えば、『中学の知識でオイラーの公式がわかる (光文社新書)』をホームページで紹介し、それを閲覧者がクリック且つリンク先で購入すると、その代金の一部が紹介者に支払われます。

紹介報酬は、商品により様々ですが、一般的に代金の1ー3%が成功報酬として支払われます

ASPから広告を作る

ASPとは、アフィリエイト・サービス・プロバイダーの略称です。

ざっくり説明すると、各メーカーが自社商品・サービスを広報してくれるホームページ管理者を見つける場、且つ、ホームページ管理者が紹介したい商品・サービスを見るける場です。

図で表すと下のような感じです。

ASPから広告を作るメリット

  • 簡単にたくさんのメーカーと契約できる
  • 弱小ホームページでも承認されることが多い

ASPから広告を作るデメリット

  • ASPサイトへ仲介料が発生する

メーカーと直接契約する

メーカーと直接契約する方法は、ホームページの管理者とメーカーが直接契約を結び、商品を紹介かつ購入を促進し、メーカーから直接成功報酬を得る方法です。

この方法は、ASPのような仲介者がいないため成功報酬が比較的高いです。

ただ、メーカーと個人の直接契約はハードルが高いです。

ある程度人気がある上級者のホームページでなければメーカーとの契約成立は難しいです

当ホームページも、開設当初ダメもとで申し込んでみましたが、見事に落選しました!!

メーカーと直接契約するメリット

  • ASPサイトに掲載されていない企業の広告を作ることが出来る
  • 仲介者がいないので、報酬が良い

メーカーと直接契約するデメリット

  • 企業一つ一つと契約する必要がある
  • 弱小ホームページだと、なかなか承認されない

クリック報酬型広告 v アフィリエイト型広告

どっちがいいのか?

ここまで、クリック報酬型広告とアフィリエイト型広告について、ざっくり説明してきました。おそらく、ここまで読まれた方の多くは、

じゃぁ、どっちがいいの?

と思ったのではないでしょうか?

当初の自分も、全く同じことを思っていました。その疑問に対しての自分の結論は、

『そのホームページにあった広告を掲載する』

です。

このホームページの場合だと、『教育系』という性質上なかなか特定のアフィリエイト型記事・広告を掲載することはできません。ましてやコスメ系やグルメ系のアフィリエイト型広告・記事を掲載するのは些か変ですし、誰も目には止めないでしょうその為、当サイトではGoogle AdSense を利用しています

メリット・デメリット

先ほども紹介した通り。クリック報酬型広告は、閲覧者が広告をクリックするたびに収益が発生します

しかし、1クリック当たりの報酬はそれほど高くはありません

というのも、広告がクリックされたからといって、広告主の商品が購入されたとは限らないからです。

一方で、アフィリエイト型広告は、閲覧者が広告をクリックするだけでは収益は発生しません。

閲覧者により広告がクリックされ、尚且つ、その先のリンクで広告主の商品が購入され初めてホームページ管理者に収益が発生します

アフィリエイト型広告は、クリック報酬型広告よりも報酬が発生するステップが一つ多い分、報酬の発生難易度が高いです

しかし、閲覧者が商品を購入した時に発生する報酬は、クリック報酬型広告よりも高いです。

商品販売

商品販売も、ホームページ収益化の一つの方法です。

有名なブロガーさんの中には、その人たちが使用しているブログの設定などを販売していたりしますよね。

また、直接ホームページで販売するのではなく、物販サイトに自分の商品を登録し、ホームページからそこへ誘導する方法もあります。

ただ、物販サイトを使用すると、もちろん販売手数料などの諸経費がかかります。

このサイトでいうところの、Tシャツ販売ですかね

まとめ

以上、ホームページで収益を発生させる方法です。

『クリック報酬型広告』や『アフィリエイト型広告』など、自分も全然知りませんでした。

これからホームページ管理をするかた、ホームページの収益化の仕組みについて興味がある方に、有益な情報であったなら幸いです。

それでは、また!

コメントする

CAPTCHA