自律神経系 交感神経と副交感神経

ケーブルの中を通っている銅線一本一本にそれぞれ違った役割があるように、

末梢神経(ケーブル)の中を通っている神経線維一本一本にもそれぞれの役割があります。

その役割で分類したのが「体性神経系」と「自律神経系」です。

(参照:「神経系の分類 中枢神経系と末梢神経系」)

今回は、自律神経系にフォーカスして解説します。

水色の四角で囲ってある部分の話をします。

自律神経系とは

自律神経系は内臓や血管・分泌腺と中枢神経系を連絡しています。

「自律」という名の通り、脳の指示なしに、心臓の心拍数の調整や、血管の太さの調節、分泌腺からの分泌量など、生命維持に必要な基本的な内臓機能の調節を行なっています。

自律神経系の分類

自律神経系は機能面でさらに細かく分類することができます。

交感神経系」と「副交感神経系」の2系統です。

交感神経系は自律神経に属する神経線維の中で、身体を活発に動かす方向に働く神経線維です。

闘争と逃走の神経(Fight and Flight)」と言われるように、交感神経系は激しい活動を行うときに活性化します。

一方、副交感神経系は自律神経に属する神経線維の中で、身体を休める方向に働く神経線維です。

交感神経と副交感神経の神経伝達物質

自律神経系は中枢から抹消組織までを連絡するまでに、

神経線維と神経線維の連絡を1回、

神経線維と抹消組織の連絡を1回経る必要があります。

この連絡で欠かせないのが、「神経伝達物質」です。

神経伝達物質によって、神経繊維と神経繊維の連絡、神経線維と抹消組織の連絡が可能になります。

ただ、「神経伝達物質」は、シナプス(連絡をする構造)で情報伝達を介在する物質の総称で、

どのシナプスでも同じ神経伝達物質が使われているわけではありません。

それは自律神経系でも同じです。

次に、節前ニューロンと節後ニューロンから分泌される神経伝達物質について紹介します。

節前ニューロンの神経伝達物質

交感神経の節前ニューロンと副交感神経の節前ニューロンから分泌される神経伝達物質は同じです。

両方ともアセチルコリンが神経伝達物質です。

節前ニューロンから分泌されたアセチルコリンは、節後ニューロンのアセチルコリン受容体に結合し、

節後ニューロンで活動電位を発生させます。

節後ニューロンにあるアセチルコリンの受容体は、ニコチン型アセチルコリン受容体です。

節後ニューロンの神経伝達物質

交感神経の節後ニューロンと副交感神経の節後ニューロンから分泌される神経伝達物質は異なります。

交感神経の節後ニューロンからはノルアドレナリンが分泌され、効果器に作用します。

一方、副交感神経の節後ニューロンからはアセチルコリンが分泌され、効果器に作用します。

神経伝達物質が違うので、効果器の受容体も異なります。

交感神経はノルアドレナリン受容体(α、β受容体)で、

副交感神経はムスカリン型アセチルコリンコリン受容体です。

交感神経副交感神経
節前ニューロンアセチルコリンアセチルコリン
節後ニューロンノルアドレナリンアセチルコリン

まとめ

今回は自律神経系の神経系での位置付けや基本的な分類について紹介しました。

自律神経系は内臓や血管・分泌腺と中枢神経系を連絡していている神経系です。

自律神経系の神経線維をさらに働きで分類すると、交感神経系と副交感神経系の2系統に分類できます。

前者は身体を活発に動かす方向に作用する神経(Fight or Flight)、後者は身体を休める方向に作用する神経です。

この2点が大切です。

コメントする

CAPTCHA