生物基礎 心臓

心臓は昼夜を問わず絶え間なく収縮と弛緩を繰り返し,全身に血液を送り出すポンプとして大切な臓器です。

今回は,ヒトの心臓の基本的な構造と機能を紹介します。

ポイント

心臓の基本的な構造と機能の説明をする前に,循環器系を勉強する上で大切なことがあります。

それは,血液の流れる方向を意識することです。

血液の流れる方向を意識すれば、心臓の弁の向きなども簡単に覚えることができます。

心臓の構造

大きさ

心臓の大きさは一般的に,握り拳ぐらいの大きさです。

『想像よりも小さかった』

『想像よりも大きかった』

色々な感想があると思います。

感じ方は人それぞれだと思います。

位置

心臓は左胸にあると思われがちですが、実は胸のほぼ中央にあります。

前からみると、心臓の3分の1は正中線より右側に、3分の2は正中線より左側にあります。

内部構造

ヒトの心臓の基本的な構造は,『2心房2心室』です。

1つの心房と1つの心室で1セットです。

右側にあるセットが,右心房・右心室

左側にあるセットが,左心房・左心室です。

左右の心房は「心房中隔」によって隔てられていて、左右の心室は「心室中隔」によって隔てられています。

血液の流れ

心臓内での血液の流れは下の簡易図のようになっています。

右心房には上下大静脈から血液が流入します。

そして、その血液は右房から右室に行き、右室から肺動脈へと押し出されます。

左心房には肺静脈から血液が流入します。

そして、その血液は左房から左室へ行き、左室から大動脈へと押し出されます。

心臓には血液の逆流を防止するためのがついています。

弁がある場所は,

・心房と心室の間

・心室と動脈の間

です。

右心房と右心室の間の弁を「三尖弁」,

左心房と左心室の間の弁を「僧帽弁」,

右心室と肺動脈の間の弁を「肺動脈弁」,

左心室と大動脈の間の弁を「大動脈弁

と言います。

「僧帽弁」の「僧帽」はカトリックの司教冠に似ていることに由来しています。

心臓を栄養する血管

心臓も全身を構成する臓器の一つです。

昼夜を問わず絶え間なく拍動するためには、もちろん酸素と栄養が必要です。

冠動脈がその役割を担っています。

冠動脈は、大動脈弁(左心室と大動脈の間の弁)の大動脈側から2本分岐しています。

右の冠動脈が右冠動脈で、左の冠動脈が左冠動脈です。

左冠動脈は、その後すぐに、左前下降枝と回旋枝に分かれます。

まとめ

今回は、循環器系で重要な臓器である心臓について、その構造や栄養する血管について簡単に紹介しました.

循環器の勉強では、血液の流れを意識しながら勉強するのがおすすめです.

コメントする

CAPTCHA