高校生物 シナプスとはなにか

運動神経と骨格筋の接続部分を「神経筋接合部」と言います。 これは「シナプス」の一種です。 「『シナプス』ってなに?」そう思われた方も多いでしょう。 そこで、今回はシナプスとは何か、シナプスの種類ついて紹介します。 シナプ … 続きを読む

生物基礎 小胞体の働き

小胞体は幅広い機能を持っている細胞小器官です。 今回は、小胞体の構造と働きについて紹介します。 小胞体の構造 小胞体は、外観により「粗面小胞体」と「滑面小胞体」に分類されます。 「粗面小胞体」と「滑面小胞体」の違いは、タ … 続きを読む

ミトコンドリアの構造 & 働き

ミトコンドリアは細胞小器官の一つで、色々な働きをしています。 今回はそのミトコンドリアの構造と働きを紹介します。 ミトコンドリアの構造 ミトコンドリアは外膜と内膜の2重の生体膜によってできています。 外膜と内膜の間を「膜 … 続きを読む

生物基礎 細胞小器官の働き まとめ

ヒトは真核生物です。 真核生物の細胞の内部には、様々な細胞小器官が存在し、細胞の生命活動を担っています。 今回は細胞小器官ごとの主な機能について紹介します。 最後に確認問題も紹介します。 細胞核 原核生物と真核生物の大き … 続きを読む

生物基礎 白血球の役割② 無顆粒球白血球編 リンパ球と単球

血液は有形成分と液体成分から構成されています。 (参考:『生物基礎 血液の分類』) 有形成分は、赤血球、白血球、血小板の3つに分類されます。 中でも、白血球は細かく分類することが可能で、前回(生物基礎 白血球の役割①)は … 続きを読む

生物基礎 白血球の役割① 顆粒球白血球編 好中球 / 好塩基球 / 好酸球

血管の中を流れる血液を詳しく観察してみると、有形成分と液体成分から出来ていることがわかります。 (参考:『生物基礎 血液の分類』) 有形成分はさらに、赤血球、白血球、血小板に分類することができます。 そして一つ一つが特徴 … 続きを読む

生物基礎 ホルモンを材料で分類してみよう!

「ホルモン」は内分泌腺から血中に放出され、遠く離れた特定の器官・組織(「標的器官・組織」と言います)の受容体に結合し、作用する化学物質です。 ※ 焼肉の「ホルモン」とは別物です。 この化学物質は種類が盛り沢山です。 放出 … 続きを読む

生物基礎 ホルモンを受容体の局在で分類してみよう!

「ホルモン」は内分泌腺から血中に放出され、遠く離れた特定の器官・組織(「標的器官・組織」と言います)の受容体に結合し、作用する化学物質です。 ※ 焼肉の「ホルモン」とは別物です。 この化学物質は種類が盛り沢山です。 放出 … 続きを読む