【+α】2つの『膵芽』が合体して『膵臓』になる

これまで,『膵臓の解剖・生理機能』や,『血糖値を調節するホルモン』の解説で紹介してきた『膵臓』。

今回は,この膵臓がどうやって形成されていくのかを紹介します。

生物基礎・生物の範囲外ですが,興味のある方は,是非最後までお付き合いください。

膵臓がなぜあの形なのか?

など、色々な疑問が解決すると思います。

それでは早速見ていきましょう!

膵臓の解剖 | 復習

と、その前に、以前紹介した膵臓の解剖について復習しておきましょう!

下記の写真も参考にしながら、下の枠の内容を確認してください!

Gray 1100 Pancreatic duct

膵臓の解剖

・腹腔内にある横長の臓器

・胃の後ろの壁に固定されている

・『バナナ』または『ピストル』のような形

膵管は十二指腸へ続いている

膵臓の発生

では、いよいよ膵臓があの形になっていく過程を紹介します。

まず、『腹側膵芽』、『背側膵芽』の二つのキーワードを押さえておいてください!

キーワード

腹側膵芽

背側膵芽

将来,膵臓となる構造を『膵芽(すいが)』と言います。

この膵芽は,将来的に『十二指腸』となる腸管の一部から,出現します。

出現する膵芽は全部で2つあり,お腹側の膵芽を『腹側膵芽』,背中側の膵芽を『背側膵芽』と呼びます。

参考写真だと,『腹側膵芽』が「ventral」で,『背側膵芽』が「dorsal」ですね。

結論から言うと,この二つの膵芽が合体して,成人と同じ形をした膵臓になります

次にそれについて具体的に説明していきます。

発生が進んでいくと,腸管は回旋していきます

その回旋の際に,膵芽も一緒に回旋します。

腸管の回旋に伴い,腹側膵芽は背側へと回り込んでいき,背側膵芽に徐々に接近していきます。

そして,限りなく接近すると,腹側膵芽と背側膵芽は融合し,成人の形をした膵臓となります。

〔+α〕輪状膵

輪状膵とは,膵臓の一部が十二指腸を輪状に取り囲み種々の症状を起こす,稀な疾患。

輪状膵の成因に関しての定義はないが,輪状部の膵管の走行から,胎児期の腹側膵芽の発育ならびに回転異常による説があります。

動画

ここまで説明した,膵臓の発生を扱っているYouTubeの動画です。

動画で見ると,経時的変化がよくわかります!

まとめ

以上が膵臓が成人と同様の形になるまでの過程です。

高校生物の範囲外ですが,筆者が発生学を習った時に,『これを高校生の時に知りたかったな』と思ったので今回紹介させていただきました。

最後まで読んでいただいた方,誠にありがとうございました。

もし,この記事が良かったと思ったら,twitterやその他SNSでシェアしていただけるとありがたいです。

コメントする

CAPTCHA