【高校生物】血糖濃度調節ホルモン まとめ

以前、『【高校生物】インスリンの分泌・作用の流れ』では、インスリンについて説明しました。

今回は、血糖濃度を調節するホルモンをまとめます。

血糖値を上昇させるホルモン

グルカゴン

グルカゴンは受験生が最低限頭知っておくべき血糖上昇ホルモンです。

グルカゴンは膵臓のランゲルハンス島にあるα細胞から分泌されます。

分泌後、標的細胞と結合することで標的細胞が蓄えているグリコーゲンを分解し、グルコースを作るように指令します。

(補)「グリコーゲン」と「グルカゴン」がごちゃごちゃになる!!

「グリコーゲン」と「グルカゴン」は、カタカナで見ると少し似ていて,よくゴチャゴチャになる人は少なくないはずです。

筆者も習いたての頃は,よくゴチャゴチャになっていました。

ただ,今はもうゴチャゴチャになりません。

なぜなら,語源で覚えているからです。

語源

「グルカゴン」はギリシャ語の『glukus (sweet)』と『agōn (leading, bringing)』を合わせた言葉なので,『グルコースを作る方向に導くもの』と覚えられます。

一方で,「グリコーゲン」は『glyco (sweet)』と『-gene (that which produces)』を合わせた言葉なので,『グルコースの元となるもの』と覚えられます。

〔+α〕グルカゴノーマ

グルカゴンを産生するα細胞は、通常、血糖が上昇してくると産生・分泌を抑え、過剰に血糖が上昇しすぎないように調節されています。

しかし、α細胞がその調節を無視して、過剰に増殖し、大量のグルカゴンを産生する状態をグルカゴノーマと言います。

グルカゴノーマでは、グルコースが大量に作られるので、糖尿病を合併しやすいです。

成長ホルモン

高校生物では成長ホルモンが血糖上昇ホルモンであることは知られていません。

(少なくとも受験生の時の筆者は知りませんでした…)

成長ホルモンは、下垂体の前葉から分泌されるホルモンの一つです。

主な働きは骨や肝臓に働き、成長を促進することです。

(下垂体から分泌されるホルモンは別にまとめます。)

グルココルチコイド(糖質コルチコイド)

グルココルチコイド(糖質コルチコイド)も,血糖上昇作用があるホルモンです。

グルココルチコイドは副腎皮質の網状層という部分で産生され,分泌されます(高校生物なら,「副腎皮質」まで覚えておけば大丈夫です)。

グルココルチコイドは,血糖値を上昇させる作用以外に,免疫抑制作用などもあります。

Wikimedia commons より引用

アドレナリン

アドレナリンは,副腎髄質から分泌されるホルモンの一つです。

アドレナリンは,血糖を上昇作用以外にも,心臓の収縮力を高めるなど,心臓系を賦活化させる作用を持っています。

血糖上昇ホルモン | まとめ

ここまで紹介した,血糖上昇ホルモンと,その分泌臓器について下記のようにまとめました。

ホルモン分泌臓器その他の作用
グルカゴン膵臓のランゲルハンス島α細胞 
成長ホルモン下垂体前葉成長促進
グルココルチコイド副腎皮質(球状層)インスリン抵抗性、免疫抑制
アドレナリン副腎髄質心臓賦活作用

血糖値を低下させるホルモン

インスリン

インスリンは,血糖を下げる唯一のホルモンです。

インスリンは膵臓のβ細胞から分泌されます。

インスリンの枯渇やインスリンの作用不足は,血糖濃度を下げることが,正常のヒトよりも困難になり,糖尿病になりやすいです。

〔+α〕インスリノーマ

β細胞が異常に増殖することにより,インスリンが調節を無視して,持続的に分泌され,低血糖症状をきたす疾患。

まとめ

コメントする

CAPTCHA