【簡単】iPad版Wordで数式を挿入し教材を作る!!

iPad版Wordで簡単に数式を挿入する方法!!

こんにちは,ホームページ担当の長男です.

当ホームページでは,毎朝,数学問題の投稿に対応したPDFを同時にアップロードしています.

ダウンロードを押すと,その日のサムネイルの問題が,問題集っぽい感じの書体で表示されます.

実はこれ,iPad版のWordで作成し,それをPDFに変換しているだけなんです.

アップロード開始当初は,Wordに最初から付いている『数式』から入力していました.(下の写真)

当初はこれで,数式を作っていました…

しかし,これは記号や文字を探すのは面倒くさい….しかも,毎日….

そんなときに便利なのが,『MyScript Math Sample』と『MathType』の2種類のアドイン機能です.

この2つはWordを購入している人なら,利用可能な機能です.

『My Script Math Sample』とは?

MyScript Math Sample

一言でいうと,手書きした数式を自動で書体に変換してくれる最強ツールです.

数式を挿入したいときは,このアドインを起動し,Apple Pencil(又は,市販のタッチペン)で画面上の規定の範囲に手書きするだけです.

それを後は,AIが勝手に自動変換してくれます.

少し字が崩れてもしっかり認識してくれます.

(特に,Σの式が入る数式や,煩雑な数列問題の数式を入力する時には重宝しています.)

若干不便なのは,数式を書き込める範囲がどうしても狭いとです.

しかし,何回かに分けて入力することができ,長い数式のときは分けて入力しています.

『MyScript Math』のセットアップの流れ

Windows版,MacOS版, iOS版(iPad)で多少は,セットアップの手順が異なってきますが,基本的に全て一緒です.

ここでは,iOS版(iPad版)でのセットアップの手順を紹介します.

1.『挿入』を選択

2.『アドイン』を選択
『挿入』のツールバーの左端.

3.『すべて表示』を選択
既に『MyScript Math』が入っていますが,入っていない方は『すべて表示』を選択してください.

4.『追加』を選択
『追加』を選択する事で,次回から『アドイン』を選択した際に,表示されるようになります.

『Math Type』とは?

Math Type』も『My Script Math Sample』と同様に数式を入力するのには,便利なツールです.

『Math Type』の場合も,『MyScript Math Sample』と同様に規定の範囲内に数式を入力すれば,AIが自動的に手書き文字を変換してくれます.

『MyScript Math』と『Math Type』どっちが便利か?

あくまで,普段両者を使用している一個人としての感想です

『MyScript Math Sample』のメリット・デメリット

メリット

  • 細かい字や潰れてしまった文字に対する許容性の高さ.
  • 記号の識別が優れている

デメリット

  • 記入するスペースが小さい為,比較的大きい画面のiPadでないと書き込みにくい.

『Math Type』のメリット・デメリット

メリット

  • 記入するスペースが大きく,長い数式でも一回で書ききれる.

デメリット

  • 細かい文字や潰れてしまった文字に対する反応が,『MyScript Math Sample』よりも高くない.
  • 数式を一回入力すると,アドインが終了してしまい,連続で数式を入力した時などに若干面倒くさい.

結論

毎日,数学問題のPDFを作成するにあたり,日によって長い数式の日や煩雑な記号が多い日もあります.

僕の場合は,両方とも使用していて,楽そうな方を毎回選んでいます.

数式を入力する機会が多い人はぜひ!使ってみてください!

「【簡単】iPad版Wordで数式を挿入し教材を作る!!」への2件のフィードバック

  1. 数式の打ち込み方が分からなかったのでTeXを少し覚えてPagesで対応してました。Wordでここまで楽にできるものなのですね。

    返信

コメントする

CAPTCHA